【松下幸之助】部下にモノを尋ねると部下が成長する

graph-163509_1280
LINEで送る
Share on GREE
Share on LinkedIn

マネージャーというポジションからCTOという肩書きになって、1年以上立ちますが、今でも人のマネジメントなんてよく分からんです。

部下が思ったように成長しない。

というのは、常日頃からよく思い、

任せていた仕事が完了していない。

というのは、当たり前のように起こっている事実。

ただ、今の会社で8年ほど在籍しているが、入社してすぐに入ってきた後輩が、
ウダツのあがらない、ダメ社員だったのに、それから今現在では、
誰からも頼られる、スペシャリストになっている事に改めて注目してみた。

確かに人は成長するのだが、そこに本人のやる気と、達成感があれば、
成長は加速する事がわかった。

あたりまえだけど、誰でも褒められたらうれしい。

これの繰り返しが本人のやる気につながるし、少しづつしかできない成長の糧となる。

このループをいかにうまく回せるかがマネジメントなのだろうと、今更ながら気がついた。

そして、これを簡単に行うのが、この松下幸之助の

「部下にモノを尋ねると部下が成長する」

という言葉なのだと実感した。

ようするに考えさせればいいという事なのですね?松下さん。

上長が下から本気で聞けばいいんでしょうね。

この本気が重要なのだろうな・・・

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*