[Python] 高速勉強 #7 「条件分岐」

Pocket
LINEで送る
GREE にシェア
LinkedIn にシェア

人生における条件分岐って何だろうと考えた時に、高校や大学受験などの進路の選択、就職する時の会社の選択、今日の昼は、カツ丼を食べようか、ラーメンを食べようかという選択。
そんな時に、間隔で選ばずに、何かしら条件を付けることが重要という事を最近気がついた・・・(遅いけどね・・・)
意味のない選択をしていくと、単なる行き当たりばったりのゴールにしかたどり着かないので、選択した事に意味があると、必ず理由の存在するゴールにたどり着きます。
失敗しても後悔しないってこういうことか!!・・・と・・・気がついた・・・

条件分岐

dotinstall

#14 ifで条件分岐をしてみよう (1)
#15 ifで条件分岐をしてみよう (2)

通常の条件の書き方

組み合わせの条件

組み合わせの条件分岐の書き方2

【比較演算子】if文の中で2つの変数や数値を比較する時に使う

> 左辺が右辺よりも大きい
< 左辺が右辺よりも小さい
>= 左辺が右辺以上
<= 左辺が右辺以下
== 左辺と右辺が等しい
!= 左辺と右辺が等しくない

【論理演算子】比較演算子を組み合わせて使う

and
or
not

elseとelif

elseの特殊な書き方

構文に注意

ところで、プログラムで書くif文ってだいたいどの言語でも同じ書き方なんだけど、pythonは括弧を使わないので少し慣れないといけないかもね。
JS、など最近括弧書かない書き方が何故か流行っているようだけど、個人的には括弧無しの記述は無いなあ〜。後から見直す時など非常に分かりにくいからね。
ただそれだけ。
ちなみに、shell言語も書き方違う系なので、本番で使う時は注意すること!!

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です