モチベーションの矛盾

pocket-watch-560937_1280
LINEで送る
Share on GREE
Share on LinkedIn

小さい頃は誰でもモノを作るのが好きだったと思います。

モノ作りになりたくて状況してきて、20年以上になりますが、未だに作りたいという欲求を持てています。

でも、同時に面倒くさいという意識もあるのが年齢を感じるトコロ。

クリエイティブは人に見られてナンボ

作る過程を考えると、プログラム研究開発は楽しいわけだが、ドキュメント作成工程管理などの裏方作業は非常に楽しくない。

作ったものに対して他人がそれを評価してもらえれば、良い評価であれば、モチベーションが上がるし、悪い評価であれば、ヘコむ。

でもソレが楽しいと感じる事がモノ作りの世界だと思う。

モチベーションの差というのは、本能的に楽しいか楽しくないかという事であって、これは自分としてはどうしようもないとこれまでは考えてきたが、仕事の効率に影響することに気がついた。

やっぱり、モチベーションの高い仕事は素早くこなすことができるが、
モチベーションが低い仕事は、効率も悪く、作業自体が遅い事は、誰でも経験あるでしょう。

アインシュタインの相対性理論

albert-einstein-62931_1280

アインシュタインの相対性理論は、実はこういう事らしい。

「相対性理論ってよくわからないけど、どういう事?」

と聞かれたアインシュタインが答えたのが

「好きな人といる1時間と、嫌いな人といる1時間が同じ時間の長さだと思う?」

と言ったそうだ。

そりゃあ、前者は一瞬だが、後者はアンドロメダに行くぐらい長く感じる。

同じ1時間でも、えらい差があるわけだ。

時間は一定なんだが、感じ方次第で一定ではないという事。

もっと学術的に説明できるんだが、そんな面倒くさいことはしない。

矛盾してない?

楽しいことをしている方が時間が短い。
楽しくないことをしていた方が時間が長い・・・

楽しくないほうが同じ時間で作業効率があがる?
だってたくさんの時間が使えるから・・・

どういう事なんだ?

楽しいことの方が効率がいいように思っていたのに!!!

楽しくない仕事をたくさんこなす方がいいのか?

よくわからないから、どちらも、たくさんスルことにしよう。

こうして世の中は均衡が保たれているんだな・・・

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*