[GIT] 忘れないための、ちょこっと作業備忘録

programmer-1653351_1280
LINEで送る
Share on GREE
Share on LinkedIn

GIT操作は今やプログラムを行う人間にとっては、必須の作業であるが、たまにプログラム作業を少し離れていると、どうしても忘れてしまうものもある。
いつも使う、「add」や「commit」「push」「pull」などは、さほぼ問題ないが、branch関連のコマンドやconfigなどは、一度設定すると、新しいリポジトリを作った時でないと、なかなか使わないモノなので、備忘録を書いておかないと僕としては忘却してしまうわけです。

リポジトリサーバーかローカルリポジトリかを切り替えるコマンド

bareオプションはサーバーの設置されたリポジトリをGITHUBのように受け型の状態にする為のオプションで、公開サーバーにこのオプションをセットしたリポジトリをおいておくと、簡単にGITHUBのようにデータのやり取りが可能になります。
ただし、セキュリティはもちろん、ssh設定やGITに関するデータの見える化を行うために何かしらのGUIサービスを導入する必要があるかもね。

僕は自宅にGITサーバを立ち上げて、外部から保存できるようにリポジトリサーバ的に使っているので、たま〜〜〜〜にこうしたbare関連の操作が必要になったりするんですね。
Githubばかりを使っている人は全く意味が無い操作ですけどね。

リポジトリ作成時の処理

参考サイト

https://git-scm.com/book/ja/v1/使い始める-最初のGitの構成

ローカルリポジトリに利用者、メールアドレスを登録

新規リポジトリを操作しているとたまにメアドと名前を登録していないことを怒られるメッセージがでるので、下記コマンドを初回に忘れないようにセットしておこう。

現在のconfigの確認

Create a new repository

Githubなどでcloneしたばっかりの時の操作。
「README.md」ファイルを作ろう!って事

初回のcommit

その他の処理関連

いらなくなったリポジトリの削除

ぐっちゃぐちゃになってしまったリポジトリを削除してしまいたいときは「.git」フォルダ(隠しフォルダ)を削除するだけで良し

HEADにマージしたリポジトリを削除

事前にcheckoutしておくことを忘れずに・・・

マージしたかどうかを問わずに削除

・・・

他にもあるけど、今回はここまでにしておこう。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*