玄人志向のGW3.5AX2-SU3/REV2.0を使って大要領NAS構築手記 #1

hard-drive-607461_1280
LINEで送る
Share on GREE
Share on LinkedIn

基本的に現在動いているサーバーに、玄人志向「GW3.5AX2-SU3/REV2.0」の外付けHDDをUSB接続して、
手元にある8TBのHDDをRAID1構築するという作業の覚え書きです。
いくつかハマるポイントがあったので、忘れないように書き留めておきます。

玄人志向のページ

HDD装着

img_0541

パッケージに4TBとしか書いていなかったので、不安だったが、8TB-HDDも問題なく認識できた。
次は10TBなのだが、もう少し値段が安くなってから試してみよう。
(2016年秋の段階で1枚が8万円以上する・・・)

img_0552
RAID切り替えのディップスイッチを変更した後で、電源が入ったまま、リセットボタンを5秒ほど長押ししないと、RAID仕様が切り替わらないようだ。
なんでこんな仕様にしたのかわからんが、とにかく面倒くさかった・・・

フォーマットはLINUX-GUIサーバーで

そのままフォーマットをサーバー上でやろうとしたんですが、なんかうまく行かなかったので、Ubuntuが入っているGUI系の別のサーバーマシンにUSB接続して、GUIのディスクユーティリティを使ってフォーマット。
ちゃんとRAIDも問題なく設定できているみたい。

そして、ついでにデータコピーも・・・
今現在のデータは3.5TBあって、全部で24時間ぐらいかかったようだ・・・
rsync使ってやったので、実質はコマンド叩いてほったらかしですが・・・

WEBサーバーにマウント

・・・ん?認識しない・・・
とりあえず、OSとHW情報を調べてみる。

げげ!、i686は32bit-OSの事だ・・・
64bitであれば、「X86_64」と表示されるはず・・・

なんてこったい。このOSめちゃくちゃ古いネ。

とりあえず、この続きは次の休みの日に行うのでまたの機会に続き書きます。
乞うご期待!!

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です