[アルゴリズム] 選択ソートの実装(PHP編)

light-bulbs-1875384_1280
LINEで送る
Share on GREE
Share on LinkedIn

選択ソートの2言語目はPHPです。
JavascriptからのPHPの利点として、ほぼ同じコードでいけてしまうという事ですね。
手抜きとかではなく、メソッド管理がしっかりできていれば、簡単にローカライズできるといういい例かもしれません。
でも、そもそも、javascriptをPHPに移植するなんてシーンなどほとんどないですけどね・・・

ソースコード

実行

前回のjavascriptコードとほぼ同じなんですが、注意ポイントは、以下の箇所です。

配列の記述方法(array())
変数の記述方法(ver ** -> $**)
ソースの最後に表示処理を追加

とりあえず、今回は消化試合という事で、すんなり終わっておきます。

関連リンク

選択ソート

解説
Javascript
PHP

アルゴリズム過去記事

http://wordpress.ideacompo.com/?cat=562&tag=Algorithm

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*