[ドラマ] FRINGE/フリンジ

Pocket
LINEで送る
GREE にシェア
LinkedIn にシェア

サイエンスドラマという事で非常に興味を持って見始めたところ、シーズン5まであり、1シーズン22話という比較的長めのドラマだったのだが、人気ドラマだけあって、非常に面白く、参考になった事も多かったので、レビューを記事にしておきます。
ちなみに、個人的にお気に入りはウォルター・ビショップ博士が、劇中に独り言のように言う、科学者やアルゴリズム、などの単語など、世の中のサイエンティスト達が聞くと、アルアルだったり、笑いが起きたりする内容という事が見終わったあとでwikipediaなどで調べてみると非常によく分かるので、そうした事に少し弱い人は、スマホで調べながら見ることで、少し科学の面白さが分かる作品でもあるでしょう。

ストーリー

FBIの捜査官であるオリビア・ダナムは、難事件を解決するために、天才科学者であるウォルター・ビショップ、その息子でIQ190というピーター・ビショップと、チームフリンジを組み、次々と発生する事件を解決していく。
この3人は非常に数奇な運命によって再会されている事もストーリーが進むに連れて明らかになっていくのだが、ウォルターが若い頃に研究していた子供の能力開発においてオリビアを被験者にしていたということや、その際にもうひとつの世界が存在する事を発見し、その世界の人たちと非常に複雑に入り組んだ関係になっていく事を解決するために、翻弄する事でストーリーは進行していく。

スタッフ/キャスト

企画・製作総指揮 J.J.エイブラムス
オリビア・ダナム アナ・トーヴ
ウォルター・ビショップ ジョン・ノーブル
ピーター・ビショップ ジョシュア・ジャクソン
フィリップ・ブロイルズ ランス・レディック
アストリッド・ファーンズワース ジャシカ・ニコル
リンカーン・リー セス・ガベル
ニーナ・シャープ ブレア・ブラウン
ウィリアム・ベル レナード・ニモイ
監視人・セプテンバー マイケル・サーヴェリス
デビッド・ロバート・ジョーンズ ジャレッド・ハリス

評価

★★★★☆

シリーズ続けて主役メンバーがほぼ同じであるという事が非常に感情移入し易いストーリー構成であると思われます。
一番最初の話では、乗客の皮膚が溶けるという難解な原因で墜落してしまう事件から始まり、その後も、見たことも聞いたこともない謎の事件が勃発するのだが、そのどれもが科学で説明をし、現代科学では少し難しい内容でも、ドラえもんの道具よりは現実味を帯びている納得感を覚えてしまうところが、魅力の一つでもあるでしょう。
次元のパラレルワールドに対して自分とほんの少しだけ違う別次元の自分というのが、非常にリアリティがあり、その特性を活かして事件を解決していくストーリー構成は非常に計算された無いようなだけに、シーズン後半は次回への続きが待ちきれなくなり、一気に最後まで見てしまうぐらいの勢いのある内容です。
個人的には父と息子の親子愛を非常に感じることができる、いい気分にさせてくれるドラマであると思ってます。
Amazonビデオの評価では比較的、低い評価をたくさんかかれているようだが、個人的には非常に好きなドラマの一つになりました。
映像もストーリーもものすごく良く出来ていて、とても見応え満足感があるのが、お気に入りのポイントですね。

関連リンク

https://ja.wikipedia.org/wiki/FRINGE/フリンジ
Super Dorama! | FRINGE/フリンジ
Hulu | FRINGE/フリンジ

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です