[アルゴリズム] クイックソートの実装(Ruby編)

Pocket
LINEで送る
GREE にシェア
LinkedIn にシェア

Ruby言語が何故人気があるのか、未だに分からずにコーディングしているんですが、コーディングスピードは確かに早く書ける言語であると言えるでしょう。
後述してますが、改めてshell文と似ている箇所が多く、サーバーサイドエンジニアから好かれているのではないでしょうか?
そういやfluentdもrubyで書かれていたな・・・関係ないかな?

ソース

実行

そんなに解説がいらないソースコードなので、実行も非常に簡素に完了しました。

解説

予約語対策

今まで多言語で発生しなかった世や予約語制限に引っかかってしまいました。

begin,end

この2つをそのまま使っているとどうしてもエラーになってしまうので、

beginNum , endNum

として対応しました。
そして、類似で念のため、leftとrightも変更。

while文

ruby言語のwhile文を初めて使ってみましたが、下記の構文で扱えばいいだけなので、非常に楽ですね。

while 条件 do

end

なんだかshellに近いと感じたの僕だけなんでしょうか?

参考リンク

クイックソート

解説
Javascript
PHP
Python
Shell
Awk
C言語
Go言語
Ruby

アルゴリズム過去記事

http://wordpress.ideacompo.com/?cat=562&tag=Algorithm

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です