[アルゴリズム] 1から100までの素数を取得(Python編)

mathematics-989125_1280
LINEで送る
Share on GREE
Share on LinkedIn

pythonで素数を取得する事は、さほど難しくないと思うんだが、今回は、phpとの処理時間を比較してみたいと思う。
言語ごとの処理速度は色々なサイトで行っているが、結果はどれも処理内容によって違っているので、あまり参考にならない。
ということは、自分で直接コーディングして比較するしかないでしょう。
他人の一喜一憂に付き合う必要はない。

ソースコード

実行

解説

PythonのBooleanの扱い

pythonでもboolean変数は使えますが、「True」「False」という風にちゃんとキャメルケースで記述すること。
xcodeのnilも違和感あったんだが、それよりは分かりやすいと思う。

PHPとの速度比較

今回は1から1000までの素数という条件で、実行した結果をtimeコマンドで得た値を載せておきます。

この程度の数字であれば、一瞬で終わるので、比較にならないかもしれないが、若干Pythonの方が早いようだ。
ほぼ同じ内容のプログラムという事を考えれば、処理速度の比較としては、問題ないと思うので、PHPが遅いという一般的な解釈は間違っていないようだ。

リンク

素数計算プログラム

Javascript
PHP
Python

アルゴリズム過去記事

http://wordpress.ideacompo.com/?cat=562&tag=Algorithm

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です