[アルゴリズム] バケットソート(解説編)

bucket-82991_1280
LINEで送る
Share on GREE
Share on LinkedIn

今回行うバケットソートは今までのソートアルゴリズムと少し状況が違います。
これまではあまり意識していなかった、同じ数が存在した時は、このバケットソートが有効なようです。
同じ値を持ったデータ群をグルーピングしてソートするという内容ですが、今回はプログラムを行う前にこのアルゴリズムの解説を行っておきます。

ちなみに、バケットはバケツって意味ですね。
解説中にバケツという言葉が出てくるのは、この名称の為です。
それから、バケットソートは別名ビンソート(Bin-Sort)とも言うらしい。
なんでビンなんだろう?バイナリー??

解説

パケットソートというアルゴリズムは2つの仕事が要求されます。

1. グルーピングされた値を入れるバケツの表現
2. 「分布数えソート」と言われている出現回数の表現

図解

スクリーンショット 2017-03-28 22.12.07

どうやら実際にプログラムを書いたほうがわかりやすそうだ。

関連リンク

kiwipedia

マージソート記事

解説

アルゴリズム過去記事

http://wordpress.ideacompo.com/?cat=562&tag=Algorithm

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*