[言語別TIME処理] PHPで時間処理

clock-474128_1280
LINEで送る
Share on GREE
Share on LinkedIn

PHPにおける時間処理はサーバーサイドなので、必須と言えるでしょう。
任意の日数後に処理したりする方法って意外と面倒くさい書き方をしなければいけませんが、
処理を知らないともっとめんどくさくなります。
OSのタスク処理でやればいいかと考えがちですが、言語内のみで処理してしまうことも時には重要。

ソース

実行

解説

PHPでtimeコマンドを使う場合はtimezone設定が必要

毎回サーバーを立ち上げてこの手の処理をする時に、timezoneのwarningが表示されてしまいますが、
※「Warning: date()」というアラート
これを回避するには、サーバーモジュールであるPHPのphp.iniにちゃんとセットするか、PHPソースコードに以下を記述しておくことで回避できます。

プログラム処理の冒頭に書いておくといいでしょう。
タイムゾーンが固定されているのであれば、全てのPHPファイルに記述してもいいかもしれませんね。

秒数から情報を取得

time()コマンドの情報があれば、dateコマンドで情報を得ることができます。

マイクロ秒の取得方法

PHPでは、以下の関数を作っておくと便利にmsecが習得できるようになります。

秒数がいなない場合は、$usecのみ使いましょう。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*