[言語別TIME処理] Pythonで時間処理

Pocket
LINEで送る
GREE にシェア
LinkedIn にシェア

Pythonではtimeとdatetimeライブラリを使うと、時間関連の操作は難なくできます。
とりあえず意識したいのはunixtime(秒数)とYmdHisのフォーマット変換ですが、
PHPのように癖のあるdate値変換ではなさそうなので、やはり扱いやすい言語といえるようです。

要件

  1. 1900年からの秒数
  2. sleep処理
  3. 1番からYmdHisの取得(曜日含む)
  4. YmdHisから1番の取得
  5. ミリ秒の取得
  6. 本プログラムの経過秒数

ソース

実行

解説

timeライブラリとdatetimeライブラリ

今回やりたかった処理はdatetimeライブラリでほぼ出来てしまうことを後から知ったのですが、timeライブラリも触っておいて損はないでしょう。
ちなみに、以下がリファレンスページです。

時刻データへのアクセスと変換
基本的な日付型および時間型

マイクロ秒の扱い

Pythonでは基本的にtimeコマンドで小数秒も取得できるので、文字列に変換して、小数点のみを抜き出しています。
この時に3桁にしていますが、数値型で扱っても問題ありません。

Ymd形式

少し手こずった点として、年月日、時分秒のフォーマット変換において、変数型をいちいち変換してやらないとエラーが出るという点です。
具体的には、Yearを取得する時に

という風にしているのですが、ライブラリで取得できる値は数値なんですが、strftime関数では見た目の通り文字列になります。それをさらに整数値に直しているんですが、このやり方以外にストレートに数値で取得できる方法がわかりませんでした。
もう少しPythonを使いこなす必要がありそうだ。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です