モノづくりする人の考え方「いいもの作れば必ず売れる」

art-1192793_1280
LINEで送る
Share on GREE
Share on LinkedIn

僕は昔から絵を書くのが好きで、プラモデルとか工作をするのが好きで、今ではDIYをしたりすることを趣味としている事を考えると、確実に自分は「モノづくり」する側の人という認識があります。
仕事でも、Webサービスを作る、プログラミングというよりは、サービスを作る方がプライオリティが強いですが、コーディングも心地よい作業です。

そんなモノづくりをすることに関して、自分の考えを書いておきたいと思います。

モノづくりの考え方

 
モノづくりは「いいモノ」を作りたいと常に考えている。
 
そして、「いいモノ」を作れば必ず世の中で受け入れられる
 
いいモノ」の定義は、世の中で売れるものではなく、良くないと言われないモノ
 
しかし・・・
 
売れるものを作ったら、「いいモノ」かと言うとそうでもない。
 
この矛盾の意味が分かれば「いいモノ」は作れる。

難しく考えることは無い

 
楽しく考えられる者が、「いいモノ」を作れる。
 
そもそも、モノを作る事は素晴らしい。
 
作ることが出来る人も素晴らしい。
 
人に夢を与える事が自分で出来るから。

アイデアが無いとエンジニアと言えない?

 
エンジニアは、作るだけの能力ではもったいない。
 
良いものを生み出すために、アイデアを持たなければいけない。
 
ただし、作る事が出来てもアイデアが無ければ意味が無い。
 
そして、アイデアだけがあっても、実現性がなければ意味がない。

アイデアは知識の引き出しから来るもの

 
アイデアが出る人は、知識の引き出しの多い人。
 
それは、勉強する事で誰でも身に付くもの。
 
勉強を楽しみ、作ることを楽しみ、人を幸せにする事を楽しむ、これは生きがい以外の何でも無い。
 
モノ作りとは、こうした事を「楽しむ事」だと考えている。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*