[言語別TIME処理] Ruby時間処理

pocket-watch-560937_1280
LINEで送る
Share on GREE
Share on LinkedIn

時間操作のRuby編です。
他の言語と違い、この辺の扱いが非常に簡単に行なえます。
多少、受け渡し値の変数型に気をつけないといけませんが、全て1行での処理で目的の値が取得できます。
やはり人気No1言語であるだけありますね〜。
ちなみに、関数の定義がdefだけど、pythonと同時に使っていると、ちょいちょい「end」を付け忘れるのは、
Rubyerのあるあるでしょうね。
※その逆もあるかな?

時間操作の要件

  1. 1900年からの秒数(UnixTime)
  2. sleep処理
  3. 1番からYmdHisの取得(曜日含む)
  4. YmdHisから1番の取得
  5. マイクロ秒の取得
  6. タイムゾーン(GMT)の取得
  7. 本プログラムの経過秒数

ソース

実行

解説

DateTime(時間フォーマット)の取得

UnixTimeへの変換

UnixTime -> DateTime

年月日などの細かな情報取得は「strftime」

Time.parseを使う場合はrequireが必要

このライブラリ読み込みを行っていないと、この関数でエラーがでます。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*