Xcodeので表示オブジェクトを確認できる便利機能があった

xcode
LINEで送る
Share on GREE
Share on LinkedIn

ブックリーダーのアプリを作っていた所、オブジェクトが非常に多くなってきて、シミュレータで確認していて、無駄なオブジェクトを探しだすのに非常に苦労していた。

そんな時、会社のアプリ開発員に、面白い機能があると、教えてもらったのがコレ。

Debug View Hieraruchy

1 )

DVH_2

矢印のボタンを押すだけで、このモードに切り替わります。

2 )

DVH_3

すると、マウスでグリグリ、3D映像として、オブジェクトを色々な角度から見ることができます。

3 )

DVH_4

さらに、矢印のボタンを押すと、UIImageViewの画像もレンダリング表示してくれます。

4 )

DVH_5

オブジェクトの重なりが激しい場合は、階層を減らすこともできるし、矢印のバーを移動させると、オブジェクトの間隔を広くすることもできます。

この機能いつからあるんだろう?

かなり初期からxcodeは触っているんだが、この機能には今まで気が付かなかったです。

ちゃんとマニュアル読めよという教訓でした。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*