WordPressのページを分割すると、PVが伸びるのかな?

axe-674841_1280
LINEで送る
Share on GREE
Share on LinkedIn

長文のブログ記事って離脱率が高いのでしょうか?
え?離脱率って何って?
離脱率は、ブログ記事においては、そのページに来て最後まで読み終える前にページを閉じたり他のページに移動してしまう人の割合です。

最後まで読まなかった人数 ÷ ページに来た人数

ブログを書いている以上、記事を読んでもらえないなんて少し残念ですよね。
 

そこで、ページ分割をすると離脱率が減るのかどうか、そして最後まで読んでくれる人が多いとPV数もアップするのではないかと予測を立ててみたので、
分析して研究してみたいと思います。

そもそも離脱する人ってどういう心境?

世の中のインターネットはほとんどがGoogleの検索を通って各ブログ記事にたどり着く事が圧倒的に多いようですが、Googleを通ってきているとすれば、何かを検索して来ているという事だと思われます。
 

doubt-2072602_1280

例えばこんな経験ありませんか?
仕事で探しごとをする為に検索エンジンでキーワードを入れて検索した時に表示された検索結果のタイトルを見て、関連記事かどうかを判断します。
そのページに遷移した時に、内容が全く違っている。
ページを読んでいて、「なんか違う」と思った時に、最後までページを読まずに、「戻る」ボタンを押したり、ウィンドウを閉じて、次の検索結果を見ようとしませんか?
 

誰もが、そんなに時間に余裕があるわけではなく、こうした離脱は瞬時に行われてしまうようです。
そうすると、捜し物をしている人がその答えを見つけられるようにしてあげることが、WEBページやブログの仕事だと考えると、記事やページの書き方のヒントが見えてきませんか?
 

また、ページを開いた状態で、自分に関係の無い広告などがたくさん表示されてしまうと「違和感」を感じ、ページを読まずに、閉じてしまうという最悪の事態も想定できます。
これは「直帰」と言われてアンマッチしてしまった非常に残念な状態なわけですね。
こうならないために、タイトル文には気をつけるようにしなければいけません。
 

そもそも、知らない人の記事って、捜し物の答え以外は、読む事はまずありませんから、全て読んでもらえるという事の方が少ないかもしれませんね。
 

次のページでは、「ページ分割をするとどのようなメリットがあるか考察してみます」

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*