久しぶりに立ち上げたCentOSでyum updateがうまく動作しない時の対処法

error-1790611_1280
LINEで送る
Share on GREE
Share on LinkedIn

サーバーって立ち上げっぱなしじゃないですか。
 
そして、サーバーに久々にログインすると、パスワードとかって忘れてたりするじゃないですか。
 
そうならないために、沢山サーバーを使っている場合は、みんな同じパスワードにするじゃないですか。
 

こうして、情報漏えいって起きるんだな・・・と考えながら、久々の自宅サーバーメンテナンスをしようと考えて、作業を開始した所、yum updateがうまく実行されない・・・orz
 

まったく、今どきのサーバーもイケてないぜ・・・
 
そんな自分に無駄口を叩きながら、キーボードを叩き続けます。

環境

ここでは、下記のような環境で操作をしています。

今をときめくCentOSですね。
今までDebianなんか使っていたから、Repoがちゃんと理解出来ていないことは最初から分かっている事・・・

状況

nginxがうまく動作していないので、停止することを勧められている。
とりあえずは、書いてあるとおりにコマンドを叩いてみる

対応-1

エラー表示に書いてあるコマンドをそれぞれ実行してみる。

どれもうまくできない・・・

対応-2

repoのnginxが壊れているようなので、こいつを外してみたらどうだろう・

これで無事にupdateが出来るようになった・・・
 
そして、200MBぐらいのアップデートプログラムをダウンロードしたいと駄々をこねてきたの優しくYesと答えてあげた。

作業を終えて一服・・・

あとはひたすら待つだけ・・・
 
インストール時にその場しのぎのrepoをセットするからこういう羽目になってしまうことをよく理解し、その場しのぎの対応を終えたいと思います。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*