朝の二度寝をすると心がどんどん弱くなって行く事実

winks-2383407_1280
LINEで送る
Share on GREE
Share on LinkedIn

最近気が付きました。友達と一緒にどこかに行く時に待ち合わせ時間に遅れてくる人は、寝坊常習犯が多いことに。
 

朝、学校や会社に遅刻するのは、寝坊してしまうことが原因であることは容易に考えられますが、夕方などに食事や飲み会などに遅刻をしてくる人、大体が決まっていませんか?
 

そうです、遅刻は朝も夜も関係なく、人の思考によって発生しているのです。

遅刻をする人の心理学

遅刻をする人は、間違いなく時間の使い方が上手くない人です。
 

「忘れてた」というケースも少なくないでしょう。
 

そして一番厄介なのは、「約束の時刻の前後10分ぐらいは許容範囲内」という独自の価値観を持っている人です。
 

10分という価値観が5分だったり30分だったりする場合はありますが、こうした人の特徴は、遅刻をしてきた時に、自分の許容範囲という認識から、誤りもせず、必ず「いいわけ」をし始めます。
 

そしてこの「いいわけ」は当たり前ですが、時間通りに自分が到着しなかった原因は、「ここに来る途中に想定外の出来事があった」
というお約束まで付いてきます。
 

ここで僕の聞いた、よくある遅刻いいわけを載せておきます。

・同じ路線の人が全員出社しているにも関わらず、「電車遅延」という理由。
・既婚者男性が「妻と子供が同時に熱を出して朝早くから病院に連れて行っていた」
・駅についた時に定期の入った財布を自宅に忘れてきたので、片道30分かけて取りに戻った。
・朝10時に宅配便が届くのでそれを受け取らないといけないから待っていた。
・駅前で外人から道を聞かれて対応していた。(時間内には到着していた)

 

もちろん、個別のキャラクターを駆使した内容や、有りもしないおばあさんが登場する発想豊かな人も何人かいましたが、どうせ遅刻したなら、そのくらいのユーモアを持ち合わせていて欲しいものです。
 

遅刻者を待っている人は少なからずストレスが溜まっていますからね。

二度寝の麻薬

遅刻をしがちな人は、自分に対して甘さが目立つ事はよくわかりますが、自分の甘さのバロメータとして、「二度寝」があります。
 

朝、目が冷めて、ちゃんと自分を律することが出来る人は、その人自信も人から文句を言われないぐらいにキチンとしている人が多いことは、誰が考えてもわかります。
 

しかし、目覚めてから「あと5分」が当たり前になっている人は、明らかに自分に対しての甘えが大きく、普段から、自分に甘く、他人に対して厳しい性格、または、自分と他人を切り離して自己の世界に入り込む傾向が多いようです。
 

職人系や、頭の硬い人、反抗期の子供に見受けられますが、個人的には決して褒められたものではないと考えています。
 

自分に対して甘さのある人は、人に対しての興味が薄く、「自分さえ良ければいい」という思考が当たり前になります。
 

おそらく、電車で老人が立っていても席を譲ろうとしないのではないでしょうか?
 

僕の考えでは全てが「朝の二度寝」がその人のこうした人格を形成していると思われます。
 

スマホを目覚まし時計にしている人は「スヌーズ」を繰り返し使っているはずです。
 

5分毎のスヌーズ機能を繰り返し使う回数がその人の自愛度だと言ってもいいかもしれません。
こうした計測ツールがあれば、いいかもしれませんね。

朝活は夜活よりも効果的

止められない『夜活』の魅力。いや、魔力!『朝活』VS『夜活』
 

ググるとたくさんの「朝活vs夜活」という結果が出てきますが、どのサイトも「朝活のメリットが圧倒的に高い」という評価をしていることに気が付きます。
 

朝活のメリットを簡単にまとめると、

・自律神経が整う
・脳の活性化ができ、1日を有意義に使える
・色々な神経が一番活発に動くのは、午前中かつ目覚めてから2時間後
・遅刻しなくなる
・交感神経が刺激されて、作業に対して瞬発力が生まれる

もちろん夜活にもメリットはあり、下記のような感じです

・深夜の勉強は記憶に定着し易い
・夜独特のアイデア発想ができる
・副交感神経が強いので、落ち着いて作業ができる

個人的には、どちらを行うこともオススメしたいのですが、夜遅くの深夜活動をすると朝活はできない事を考えると、
 

夜活は、エンドが見えづらく、時間管理の苦手な人が行うと、朝起きられない状態になりえますね。
 

やはり朝活を見据えて夜活をするという意識にならなければ、遅刻常習犯はなくならないということがよくわかりました。
 

二度寝をすると心が弱くなる?

二度寝はとても気持ちがよく、休日などは邪魔が入らないのであれば、心ゆくまで二度寝していたいものです。
 

寝だめは「できる」という意見と「できない」という意見が医学的にどちらも言われているようですが、「ストレスを貯めない」とう観点では、二度寝は体に良い効果があるかもしれません。
 

一報、自分に対する甘えが強くなり、次第に「意思決定が弱くなる」という事も言われています。
 

これが進行すると「鬱病」などに繋がる人も最近では少なくないようで、自意識を向上させるのは自己責任で行わないといけません。
 

僕の個人的意見では「朝早起きをする」という事が、自立を鍛え、精神形成に役立つと考えています。
 

そもそも、遅刻をしなくなると、遅刻をする人に対して上位に立てるようになり、人生優位になれるので、人生で得することが増える為、遅刻しない人格を形成する事がオススメなんですけどね。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*