人の顔を忘れがちな人に比べて人の顔を覚えられる人は、損する事が多い

smiley-1041796_1280
LINEで送る
Share on GREE
Share on LinkedIn

人の顔を覚えるのが本当に苦手という意識はあるのだが、これって普通なのか、もしかして異常なのか、自分でも判断できなかったんですが、社会人たるもの、一度会った人の顔ぐらいは忘れないようにしたい。
 

今まで、こうしたことは考えたことが無かったのだが、子供が幼稚園に入って最初のイベントである入園してまもない時期の参観日の時に、その組の担任の先生が、クラスの子供をちゃんと判別しているのに少し驚いてしまいました。
 

まだ1,2週間ぐらいしか経っていないのに、15人ぐらいとはいえ、子供の顔と名前をバッチリ覚えていた先生の記憶力にビックリしました。
 

実は15人ぐらいを2週間で覚えるのは大したことが無いのですが、参観日の日に、幼稚園の門の前に経っていた先生全員が、入ってくる子供に対して、「○○ちゃん、おはよう」と全ての子供に対して挨拶をしていたので、まさかと思って、聞いてみた所、園内の子供の顔と名前は全て記憶しているというではありませんか・・・
 

100人は下らないぐらいの比較的大きな幼稚園だったため、人の顔を覚える事に大しての苦手意識が自分はある事が改めて認識させられました。

「顔を忘れるフツーの人、瞬時に覚える一流の人」を読んで

でもどうやったらいいのか全くわからなかったので、とりあえず、下記の本を読んでみた。
 

この本は、人の顔が「かわいい」とか「怖い」を研究している科学に基づいた事が書かれており、研究好きな僕としては比較的楽しんで読めたのですが、本の前半は研究経緯などの羅列なんですが、後半の実際に人の顔を覚えるためのノウハウというのが、非常に目からウロコでした。
 

結論から言うと「人の顔だけを覚えるのではなく、表情や感情と一緒に覚える事で、記憶に残る」というものだったんですが、それを読んで改めて思い出したのが、
 

確かに人を思い出す時に、あの会社の○○さんって、部下に対して厳しそうな人だったな〜とか、新しく入社した○○くんは、大人しそうな人だったな〜とか、セミナーでたまたま横に座った人は、一緒にいて楽しい雰囲気だったな〜。
 

まさに表情や仕草を読み取った雰囲気をインプットしていて、感情として記憶に残っている事がよく分かります。
 

そして、この本で書かれていた「相貌失認」といういわゆる、人の顔が覚えられない病気なんですが、これが、現代社会において、以外に多いという事実があるという事。
 

正直、自分がこの病気だっったら・・・と考えてしまいましたが、どうやら、そこまで申告ではありませんでした。
 

だけど、あのブラット・ピッドなど著名人など何人かの名前が、この病気である事が書かれていて、改めてこうした病気で苦しんでいる人が多い実態も知ることができました。
 

※ちなみにこの「相貌失認」は50人に1人の割合でいるそうです。気がついていない人もいるそうですよ。

科学の顔認識

科学で解き明かす顔認識は、最近ではAIのDeepLearningが有名で、実際に空港などで、テロリストなどを判別するカメラが設置されていたり、大手商業施設で、リアルにユニークユーザー判別というマーケティング解析を行っていたりして、ロボットが顔認識をするのが当たり前になりつつありますが、
 

実際に、人の脳みそで記憶できていないと困るシチュエーションは少なくありません。
 

僕が人の顔を覚えたいと強く思ったのは、「異業種交流会」などで大量に色々な業種の人たちが集まるパーティーやセミナーなどで、名刺交換をした際に、その後ビジネスで繋がるために再度お会いするという時に、その人の印象を覚えていなかったり、単純に「どんな顔してたっけ?」という事があり、2度目に会った時に、同じことを聞いてしまったり、話を聞いていて、前に聞いた話だと認識してしまったりするのは、改めて効率が悪いと感じたためです。
 

非常に尊敬するジャンルとして、営業マンの人で、半年前に1度だけご挨拶させてもらった人が会社に来ていただき、半年前の状況を事細かく覚えていてくれる営業マンには、本当にすごいスキルだと感じさせられます。
 

こうした事を総合的に考えると、人の顔を覚えるという事は、その後に無駄な労力が掛からなくなったり、人から信頼を得られるという非常に有効なスキルであると認識できますね。
 

少し前まで、Googleグラスで実現してもらいたいという甘い考えだった自分をぶん殴ってやりたいです。

他のサイトも調査

実際にこの書籍だけでなく、インターネット上にも有益な情報があるのではないかと調べてみました。

【この差】人の顔と名前を「覚えられる人」と「覚えられない人」の差
| minnnano

 


「顔の印象」で覚えて、「名前」を語呂で覚える

実際に試してませんが、記憶の残すには悪くなさそうですね。
 

一度見た人の顔は忘れない。あなたは超相貌認識力の持ち主か?「スーパー・レコグナイザー」チェックテスト | カラパイア

またこのサイトでは、驚異的に人の顔を覚えられる人の事を「スーパー・レコグナイザー」という風に呼ぶらしく、そのことについて掘り下げています。
 

出会った人の80%は顔を覚えている人の事らしいのですが、やはり、生まれ持った何かの記憶スキルというのもありそうですね。
 

女性の化粧とプリクラ整形

個人的に女性の化粧は好きではないのですが、化粧を落とすと顔が変わる女性は少なくないようですね。
 

そんな姿を女性は死んでも他人に見せないとは思いますが、そう考えると、「整形手術」と「化粧」は紙一重と考えてもいいかもしれませんね。
 

施工手術まで行っていなければセーフという世間の認識があるかもしれませんが、化粧整形は男性心理としては、同じぐらいのインパクトがあるはずです。
 

いくつかの衝撃映像を貼り付けておきます。


 

【衝撃メイクオフ動画】韓国女子のメイク術がヤバイ! 化粧を落としたビフォーアフターが別人すぎて世界に激震 | exiteニュース
心霊サイトを見るぐらいの恐怖感がありますね。
 

芸能人のすっぴん画像50選!一番ひどい男性/女性芸能人は? | pincky
 
変わるか変わらないかがポイントかもしれませんね・・・
それにしても笑える・・・
 

正直、目が大きくなるプリクラも、漫画みたいに思えて変な気分になりませんか?
 

一部の研究者にうよれば、こうした目を大きくしたいという願望は、自分の外見や内面に自身が無い事の表れかもしれないようです。
 

中には、根深い人もいる可能性があるので、要注意と書籍に書かれていたのを見て、非常に納得感があり、共感させられました。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*