車のヘッドライトの黄ばみを取って快適ライトを取り戻せ

oldtimer-166530_1280
LINEで送る
Share on GREE
Share on LinkedIn

青空駐車場に車をずっと置いていると、車の洗車をやらなくなりがちです。
 

世の中にはいつもピカピカの車に乗っている人は、立派なマンションの地下駐車場にとめているんだろうな・・・と思っていますが、実はこまめに休日などに洗車している人が多いらしいです。
 

ズボラな自分に反省しました。

ヘッドライトが黄ばんでませんか?

車のヘッドライトってくすんでくるんですね。
 

最近、自分の車のヘッドライトが明らかにくすんでいたので、気になっていました。
 

車検の時に車屋さんに、「きれいにしましょうか?」と言われましたが、これをお願いすると5000円から10000円ぐらい、作業料金がかかるそうですね。
 

どうしてヘッドライトが黄ばむんでしょう?
 

http://hmmmhmmm.com/29066.html
 

このサイトで分析をしてくれていました。
 

原因は、

紫外線

が主だとのことです。
 

たしかに夏場に屋外に放置していたら、紫外線と熱は避けられません。
 

僕の車は2002年のステップワゴン。
 

かなりの経過年数です。
 

でも、走行距離は45,000kmを下回っています。
 

乗っていない上、放置が甚だしい事もよくわかります。
 

こりゃ黄ばむわけだ。

黄ばみを取る方法

検索すると、色々なサイトで紹介されていますし、車屋さんでも各種ポリマー処理として扱ってくれるようです。
&nbasp;

でも、ここはなるべくお金を掛けたくない。そして、車はきれいに保ちたい。
 

ということで、自分できれいにしてみることにしました。
 

やり方としては、表面を磨いてあげるだけである程度いけるそうです。
 

色んなサイトを見てみて、下記の商品で磨くと良さそうなので、近所のオートバックスとドン・キホーテに買いに行ってみました。
 


 

しかし、店舗で売っていた値段は580円もしていたので、仕方なくAmazonで注文。
 

こういうところで実店舗よりも、ECショップの方が安い時点で、街の店舗が潰れていくのがよくわかりますね。

作業

1日経って、無事に「ピカール 金属磨き」が届いて作業開始です。
 

作業の注意点としては、ヘッドライトの周囲をマスキングして、ボディまでこすってしまわないようにしましょう。
 

実際に片側のヘッドライトを磨き終えた画像です。作業時間としては5分ぐらいで完了です。
 

もう少し分かりやすい写真を取れば良かったのですが、実際に見ると、全く別のライトに見えるぐらいの復活っぷりです。
 

IMG_3472
 

ライト部分だけ比較してみましょう。
 

まず作業済み
 
IMG_3472のコピー
 
次に、作業前
 
IMG_3472のコピー2
 

恐ろしいぐらいの違いが分かりますでしょうか?

作業を終えて・・・

IMG_3477
 

ここで一つ思いついたんですが、「この研磨剤、歯磨き粉でも出来るんじゃないか?」という疑問です。
 

車の部品って繊細だと思ってたんですが、この作業を終えてみると、単なる研磨剤である程度イケるような気がしてなりません。
 

toothbrush-571741_640
 

もちろん、汚くなって終わるかもしれませんが、次回ヘッドライトが黄ばんだ時にでも実現してみたいと思います。
 

または、どなたか、実験していただけません?自分の車をキレイにするのって気持ちいいですからね。
 

そして、今回買った研磨剤、コレ以外に使いみちってあるんだろうか?という心配事も増えてしまいました。
 

意味なく家中の鉄材でも磨いてみようかな?

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*