[MYSQL] 基本操作の備忘録

Pocket
LINEで送る
GREE にシェア
LinkedIn にシェア

普段あまり使わないSQLなんだけど、たまに使うと忘れていることが多いので備忘録を保存しておくことにしました。
 

余談ですが、SQLを使っていていつも感じるのは、DatabaseとTable設定を事前に完璧に完了しておくことが前提のでーた管理になるのと、その後のTable構成の変更がめちゃくちゃ大変になるので、ガッチリとした運用をするサービスでの運用には向いていますが、アジャイル運用するようなケースでは、かなり苦労しますね。
 

しかし、仕事で仕様とされてしまっては、やらざるを得ないのがエンジニアの悲しい性ですね。
 

そんなわけで、SQLちゃんとマスターしていない人は、参考にしてください。

既存データベースの確認(一覧表示)

[コマンド]
SHOW DATABASES;

データベースの作成

 

[コマンド]
CREATE DATABASE %データベース名;

操作するデータベースの選択

[コマンド]
USE %データベース名;

TABLEの作成

 

[コマンド]
CREATE TABLE %table名% (%列名 %データ型(%データ長) %オプション) charset=utf8
 

[データ型]
詳しくは、https://www.dbonline.jp/mysql/type/を参照。
 

今回セットしたのものは以下の通り
INT : 整数値
VARCHAR : キャラクター
TEXT : 文章(データ長は無し)
 

[オプション]
主には「PRIMARY KEY」の設定のためにある。
PRIMARY KEY : プライマリーキーは、データレコードのユニーク性を保つためにcolumnのどれかのカラムにセットする。
AUTO_INCREMENT : 自動採番
UNIQUE : 他レコードとの値の重複を認めない
NOT NULL : NULL値を認めない。

作成されたTABLEの列確認

[コマンド]
DESC %TABLE名;

TABLEの列追加

[コマンド]
ALTER TABLE %table名 ADD COLUMN %列名 %データ型(%データ長) %オプション;

TABLEの列変更

[コマンド]
ALTER TABLE %table名 CHANGE COLUMN %変更前の列名 %変更後の列名 %データ型(%データ長) %オプション;

COLUMN削除

[コマンド]
ALTER TABLE %table名 DROP COLUMN %列名;

データ(レコード)の追加登録と内容一覧表示

[コマンド]
INSERT INTO %TABLE名 (%列名※複数の場合はカンマ区切り) VALUE (%値※複数の場合はカンマ区切り);

登録済みのレコードデータを修正

[コマンド]
SELECT %列名 FROM %TABLE名 (WHERE %指定する列と値);

レコードを削除

[コマンド]
DELETE from %table名 WHERE %条件となる列名と値;

TABLE削除

[コマンド]
DROP TABLE %table名;

データベースの削除

[コマンド]
DROP DATABASE %データベース名;

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です