[お題にTRY] 九九の表示 #python

Pocket
LINEで送る
GREE にシェア
LinkedIn にシェア

こんにちわ。
 

pythonを使うプログラマーの事を「パイソニア」っていうのを聞いて、ちょっとだけセンスを感じる、下駄です。
 

九九表示のお題、4日目はpython言語で書きます。
 

python言語は、AI関連で使われるケースが大半で、ホームページフレームワークよりは、システムの内部機能として使われるケースが多いという印象もあります。
 

最近のOSではデフォルトでインストールされているものも多いので、簡単に使えるようになると、便利になるでしょう。
 

でも、ver2とver3の互換問題は、未だになくなりませんね・・・orz

本日のIT謎掛け

「Python」と、かけまして、
 

「恋愛ドラマの冒頭いがみあってる二人が最後にくっつく話」と、ときます。
 

そのココロは・・・
 

AI(artificial intelligenceと、愛)を動かします。

Pythonで九九

多言語と同じように、まずは、九九の表示をシンプルに行ってみます。
 

 

これを実行すると、
 

 

非常にシンプルに書けるのがpythonのポイントですが、
インデントを半角スペースにしていると、エラーが出たので、tabモードにしなければいけないということを覚えました。
 

あと、冒頭の”# coding: UTF-8″は、printするときに、全角文字が入る場合は、これを入れないとSyntaxエラーが出ます。

入力に対応

次に、入力モードを入れてみたいと思います。
 

 

 

実行すると、”Entry number : “と聞かれて、数字を入れると、その数でマトリクス九九の掛け算が表示されます。
 

ちなみに、入力が数字以外の判定は行っていないので、整数のみの入力が必須という事にしています。
 

ブラウザ表示をしてみようかと思ったんですが、nginxとの結びつけなどがめんどくさそうだったので、それは別の機会で行いたいと思います。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です