[お題にTRY] 九九の表示 #C言語

Pocket
LINEで送る
GREE にシェア
LinkedIn にシェア

こんにちわ。
 

寝付きが悪い時にどうしてもスマホを見てしまう、下駄です。
 

九九プログラミングも、いろいろな言語でやってきて、かなりこなれてきた感じですが、今回はプログラム言語の基本中の基本である「C言語」でやってみたいと思います。
 

本日のIT謎掛け

「C言語」と、かけまして、
 

「寿司屋に行ってトロはいつ食べる?と言われた時」と、ときます。
 

そのココロは・・・
 

エビ(AB)の次・・・(自分の場合だけですが)

C言語で九九表示

 

さほど難しい点はなく、型と宣言を間違えなければ、エラーも無くサックリとできあがります。
 

 

数値入力に対応

 

c言語も実行時に文字入力を受け付けられるので、九九の縦横の数を任意で表示できるようにしてみました。
 

 

C言語の特性

他の言語のように、配列に文字列を格納して、便利にjoinして表示というようにやりたかったんですが、
C言語は、非常に真面目にメモリ管理をしなければいけないので、こうした柔軟な文字列を扱うようなプログラムは
なかなか他言語と比べると、しんどい感じになるので、ここは割愛したいと判断しました。
 

もちろん、やってできない事はありませんが、こうした事から、言語によって向き不向きがあることがよく分かります。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です